メニュー

慢性腎臓病(CKD)について

CKD(慢性腎臓病;chronic kidney disease)とは

①腎臓の機能が60%以下に落ちる 

②尿のたんぱくや血が混じる

①、②の両方もしくはどちらかが3ヵ月以上続く状態を指します。

CKDは症状が出ないまま進行することが多く、気づいたら重症になっていることが多くあります。

悪化すると、腎移植や透析が必要となることがあります。また、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患も発症しやすくなります。早い時期からの対策が必要となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME